このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。
まだ見ぬ作品を求めて、それが一番の原動力『絢爛豪花 purpura noctis』【イベント主催者インタビュー vol.13】

まだ見ぬ作品を求めて、それが一番の原動力『絢爛豪花 purpura noctis』【イベント主催者インタビュー vol.13】

こんにちは、とらのあなWEBオンリー運営スタッフです。
とらのあなWEBオンリーで支援させていただいたイベントから、
主催者様にインタビューをする企画の第十三弾!🥳

東京卍リベンジャーズの灰谷蘭×花垣武道、灰谷竜胆×花垣武道WEBオンリーイベント「絢爛豪花 purpura noctis」を主催されたあまね様に、イベント開催を経験して感じたこと、当日までの準備の裏話やイベント宣伝のコツ、これからイベント主催をしてみたい方に向けた熱いメッセージなどお話を伺いました

協力:あまね様/イベント公式Twitter(@NeruMumu

402 Views

もくじ

「絢爛豪花 purpura noctis」について

灰谷蘭×花垣武道、灰谷竜胆×花垣武道WEBオンリーイベント
「絢爛豪花 purpura noctis」

とらのあなイベント告知ページ:https://event.toranoana.jp/web-only/182785/

WEBオンリーの主催をしようと思ったきっかけや経緯は?

とあるWEBイベントの参加後に、また次違うWEBイベントに出たい気持ちはあったものの自分に合ったCPのイベントが直近でなく、ちょうどその時お話していた友人と「立ち上げれば10spくらいだったら何とか埋まるのでは?」という話になり安易な気持ちでツイッターでアンケートを取ったところビックリするくらいの反応を頂きまして…

何日かアンケートを設置しようと思っていたのですが、その日のうちに開催を決めました笑

イベント当日のお話

イベント当日の来場者数、サークル参加者数をそれぞれ教えてください

1313人の方に来ていただけました。サークル参加者数は99人です。

イベント当日の様子はどうでしたか?

イベントの参加条件をゆるくしていたのでちょっと心配で、実はほとんどの時間会場にログインしていたのですが、平均してどの時間もだいたい100人前後くらいの方に来場していただけててとても賑わっていたかと思います。
会場でスクショを取られている方も結構見られたのでとても嬉しかったです。

とらのあなWEBオンリーの支援サービスを使ってみていかがでしたか?

実は申請あたりの準備期間すごくバタバタしてて…私自身はほとんどいじれなかったんです…
何人かの方は使っていただけたんですが、次回申請を出すときは余裕をもってわからない方にも周知出来るようにしたいと思っています。

当日までの準備のお話

スタッフは何人くらいで運用していましたか?

意見を聞いたりする友人はいたものの、基本的に一人で決めて準備しました。

イベントの立ち上げから開催当日までのスケジュールを簡単に教えてください

まずWEBオンリーを開催したら参加しますか?のアンケートをしたのが8/3で、一週間様子を見てみようと思っていたのですがアンケート開始2日目にして200票近く投票が集まりましたのでその時点でイベントロゴを作り始めました。
ロゴ作りやらイベント用アカウント作成、イベントページの作成、その他諸々の準備をして始動したのが8/10です。
募集をかけた時点では自分の原稿も抱えていたので実際イベントにかかりきりになったのは12/10くらいからですね…

私は参加してなかったのですが、東リベのリアルイベントがあった関係でそれの終了後11/13にサークル参加を配置するための参加CPの固定をお願いして12/2に配置完了。
その後2日くらいでタロット企画を発案・内容を練って枠を作成して12/15まで参加者を募りアプリを使って対応タロットを決定してお知らせ。
イベントパンフレットは12/21に配布を開始しているのでその前2,3日で作成した記憶があります。
その他の時間はずっと会場のドット打ちですね。購入したものと自作のものを組み合わせたり新たに描いたり重ねたり移動したり、かなりの時間を使いました。

11/9には(私の中では勝手に賑やかしシートと呼んでいたんですが笑)ウェブオンリー準備号という色々記入出来るテンプレを作成。
12/2には参加表明シートのテンプレの配布を開始。
タロット企画のテンプレは見た上で出たいと思っていただけるように12/12にツイッターにアップしていました。

いやほんと後半詰め込み過ぎましたね笑

開催当日までのスケジュール(クリックで拡大)

当日までの準備で楽しかったこと、印象に残っているエピソードなどがあれば教えてください

イベントパンフレットは絶対に作成しようと思っていました。
それまで私の出ていたWEBイベントはサークル名の案内図はあったんですがツイッターでのお友達なんかはサークル名とかお互い知らないし、なぜ名前ではないんだ…と思ってたんですが、主催やってなるほどと思いましたね。あれ、自分で紐づけしないとサークル名管理なんですよ全部笑
それで自分で全部紐づけして手入力で作りました。

是非カラー印刷してもらいたかったので極力いらないものを減らして(印刷代がかさむので)でも何があると便利かって考えて…
自分だとスマホでスクショしてネットプリントするなってことでその番号をまとめて記入出来るページを作り、桁数の間違えをよく見かけたので番号を記入するところは1マス1つの数字を記入して足りないならすぐ気付くようにしたり…色々工夫をしました。
実用性だけだと物足りないので、一応遊び心でイベントチケット風の物を作ってそれをはさめるページを作って、と思い出になるようにも考えました。

参加者の方全員に印刷してもらおう!っていう目標を立ててやったので考えすぎてよくわかんなくなって一周回ってめちゃめちゃ楽しく作りました!!!これなら印刷してくれるやろ!!!くらいの気持ちで
本当に頭をいっぱい使って作成したので、活用しています!っていう声が何件も寄せられた時には嬉しくて七転八倒しました笑

様々な企画はどのようにして生まれましたか?

まず企画を考え始めた時に色々候補を思いついてはいたんですが、
皆が楽しめる企画よりかは極力皆が嫌な気持ちにならないようなものにしようと考えていました。
もうずっと灰武をかいている方は勿論、このイベントがサークル初参加という方も結構いらっしゃいましたので。
まずは目に見える格差は絶対にない企画にしようと考えました。
目に見える格差はつまり閲覧数・DL数・印刷枚数なんかがそれにあたります。

あとは色んな人が参加する企画ですので仲間内だけで盛り上がるようなものではないように
全てにおいて細心の注意をはらいました。
候補にはネットプリント企画にして主催のアカウントで印刷してもらうという形でやれば、
印刷枚数なんかは表には出ない…とも思いましたが、1アカウントで登録できる容量も決まっているし、
もっと気軽に閲覧できる方法を探したところ一つのページにURLで展示という形に落ち着きました。
そうして出来たのがタロット企画になりますね。
企画として色々詰めが甘いところもありますが、単純なだけに失敗することもなく簡単に展示も出来たし
まあまあの企画だったのではないかと思います。
枠も可愛く出来て、色んな方にデザインを褒めていただいたのでとても嬉しかったです。

サークル参加や一般参加する皆様にイベント参加を促す上で心がけていたことなどがあれば教えてください

イベント参加しませんかのツイートは何度かしたんですが、それよりも結構ダイマしてたんですよね…
かいたことある人は勿論かいたことない人まで親しくさせていただいてる方たちにはもくりで会うたびやリプするたびにダイマしてました笑
あと既に参加を決めてくださっていた相互さんや出れないけど応援してるって言ってくれていた相互さんフォロワーさんたちがツイートするごとにRTをしてくれて…大変助かりました。
その方たちが自分たちの相互さんフォロワーさんに声をかけてくれたりもしてくれて…色んな方たちが良いイベントにしたいと行動してくれたおかげですごく早い段階で満了を迎えていました。本当に感謝しています。

イベント主催をするにあたって、どのような経験が役に立っていたなと感じますか?応えられる範囲で教えてください

過去に人を集めて一つの物を作るということを何度か経験していたので、イベント開催まで紆余曲折あったものの冷静に対処出来たと思います。

イベントを振り返ってみて

イベントを主催して良かった点、大変だった点など、イベントを振り返ってみて思うことはなんですか?

色んな方に声をかける必要があったため交流の輪がとても広がったのは嬉しかったですね。
大変だったのは連絡方法ですかね。
ツイッターありきでの連絡方法・宣伝方法しかなかったため、ツイッターやってない方に周知するために個人宛でメッセージを投げていたのですがもう少し何か他の方法があれば良かったかなと思います。

サークル参加者、一般参加者からもらった感想で特に印象的な言葉、嬉しかった言葉はありますか?

本当に皆さんに体調と睡眠時間を心配していただいて、ありがたかったです。
自業自得でもあるんですが、イベント開催一か月前くらいからとにかく毎日企画テンプレ・パンフ・会場を描いていたのでそれを見ていた方々からお声がけを頂きました。全て嬉しかったです。

イベント開催に至るほどの熱意溢れる主催者様の思う、灰武の魅力をぜひ教えてください!

灰谷兄弟に関してはそれぞれが結構幻覚を見ていて(いや、良い意味で笑)
それを形にしているんですが、そこが逆に良いですよね。
はっきりとした公式像がないからこその、今だけの楽しみ方です。
アニメも決まりアプリでも絡みが増えてきて解像度が上がってきたので、これからまた違う灰武が見れるなって今から本当に楽しみにしています。

「絢爛豪花 purpura noctis」は2回目の開催もご予定されていますが、オンラインイベントを継続して開催する原動力、秘訣はなんですか?

参加サークルさんが一つでも作品を展示していたら、50spで50作品、100spでは100作品読めたり見れたりするってこと…!?
最初にイベント立ち上げを決めた時そう言って頑張り始めたのでこのままの情熱で続けていけたらなって思っています。まだ見ぬ作品を求めて、それが一番の原動力ですね。

次回のイベントで新たにやりたいこと、継続したいことはありますか?

企画について、時間がなくて諦めたこともあったので次回はもう少し他のこともしたいですね。
タロット企画のようなものは好評だったこともあって継続したいと思っています。
少しずつ、試験的にでも楽しめる方に比重を置いた企画も考えていきたいです。

最後に、イベント主催をする心構えとメッセージ

自分もWEBオンリーの主催をしてみたいという方に向けた心構え、アドバイスなどを教えてください

自分の思うままに周りを動かさない、そして思う通りには動かないっていうことを忘れないようにした方がストレスがないように思います。
WEBオンリーは企業(印刷所など)を通さない展示方法が出来る、当日展示でもOKなところが強みなので
例えば企画の締め切りとかそういうのも締め切りまでに来なくても当日イベントが終わるまでにくればいいなくらいの気持ちで。そういったガチガチに縛るようなイベントの方法をとらない方が楽しめるかと思います。

あなたにとって、サークル主催のオンリーイベントの魅力とは?

楽しい場所や楽しいことを共有する場を作れることです!それが大好きな事なら尚更嬉しい!

次回開催イベント情報

2023/11/26 00:00~23:30開催
絢爛豪花 purpura noctis Ⅱ

とらのあなWEBオンリーを活用すればもっとイベントを楽しめます!

🔻イベント支援について🔻
とらのあなでは様々なWEBオンリー支援の一環として、「イベント専用告知ページ」の作成、委託作品にご登録いただく「専用作品キーワード」の作成、イベント参加作品を集めた「通販特集ページ」の作成など、様々な支援を実施しています。支援を受けるための費用は一切掛かりません。

▶主催者ガイド

とらのあなWEBオンリーにお申し込みいただくことで、専用のイベントページを作成します。作成できるイベントページは「サークル参加型」あるいは「告知のみ」の2種類があり、どちらかを選ぶことができます。

 

🔻サークル参加型のイベントページでできること🔻
「サークル参加型」のイベントページでは、イベント主催者様だけでなく、サークル参加者様の皆さまにも使っていただける新機能などを実装しています。ぜひご利用ください!詳しくは以下のページをご参考ください。

▶とらのあなWEBオンリーの楽しみ方

🔻最新情報は公式Twitterをフォロー!🔻